月極駐車場経営の利点と留意点

月極駐車場運営のメリットと留意事項を説明します

月極駐車場運営の相続税のメリットと留意すべき点

ニーズがあるか否かの確認が重要です

月極駐車場経営で成果を得るポイントのひとつとして、月極駐車場の需要がその地域にあるか否かをチェックしておかなければなりません。土地そのものが月極駐車場にフィットしていても、別の要素で経営が暗礁に乗り上げることがあるためです。 まず第一に、バス、あるいは電車、地下鉄など公共交通機関が整備されているかもチェック項目になります。さらに、月極駐車場が周囲に多すぎることや、ベッドタウンの地域では、新しい駐車場のニーズはあまり高くないと言えます。 土地自体が月極駐車場向きであっても、そもそもエリアに需要が高いかをあらかじめ調査しておきましょう。

実際のところ、相続される土地を所有している人の多くが、月極駐車場並びに更地のままだと相続税がとても高い、何かしら建物を建てる必要があるという考えを持っています。しかしながら、アスファルト舗装であれば、200平米までで半分の評価減を受けることができ、相続税を下げることが可能です。 相続した土地が条件を満たしていると小規模宅地等の特例が適用されることから、更地よりもアスファルト舗装を行なって、月極駐車場という形で利用したほうが相続税対策に有効です。ついでに、それに見合った賃貸収入も得ることができます。

駐車場経営を行う上での留意すべき点

一括して借り上げるコインパーキングにおいては、専門業者が管理運営を行ってくれるので、ランニングコストに留意する必要はありません。しかしながら、個人事業主で月極の駐車場をマネージメントするとなると、ランニングコストの事も考える必要があります。 固定資産税などは従来通りだとしても、清掃、或いは巡回そして、クレーム対応などを専門業者にお願いする場合は、管理委託料を欠かすことが出来ません。一切合切自分自身で行うというケースでは、労力により埋めることができます。それらの他にも、コンクリートが割れたケースの修繕費用など、実用性に優れている月極駐車場をキープするための土地管理費が不可欠です。 生じる収益に関しましては、エリア内の月極駐車場の相場であるとか、契約数によって非常に大きく変わります。都心部の相場は、30000から40000円となっていることから、10台分が全部いっぱいになれば300000から400000円が収益額になります。 しかしながら、半分しか埋まらなかったケースになると、150000円から200000円となり、コインパーキングの借上げ賃料と比べて低くなることも考えられます。

人気記事ランキング