月極駐車場経営の為のポイント

月極駐車場を運営をする時の要点について説明します

自身で月極駐車場を運営管理する為の大事な点とは

ひと月単位の駐車場の主な特徴について

月極駐車場とは、ひと月単位で貸し付けるスタイルの駐車場になります。 賃料につきましては、月額賃料という形で受けとります。 客としましては、まわりの住民に加えて、店や診療所といった社員用あるいはクライアント用に借り入れる人がメインです。 収益性に関しては時間貸し駐車場と比べて低いといえます。 設備投資としましてはあまりなく、砂利敷きの更地の状態で、ロープに因るライン引きでも運営管理はできます。 とりわけ難しいことは、自分自身で駐車場をマネージメントする場合です。 収益性がとても高い分だけ、全て自らが決めなければなりません。他の方法は業者頼みでも構いません。

自分自身で経営する場合のポイント

月極駐車場の経営をスタートするには、まず第一に元々持っている土地を利用することによって立ち上げることが重要なポイントです。 土地を持ち合わせていない場合には、土地から入手することになりますが、土地につきましては100パーセント自己資金によって購入することを意識しましょう。 月極駐車場に関しては基本的に暫定利用であることから、収益性につきましては著しく低いといえます。 収入に関しては、固定資産税を上回る程ですから、アパートの様に借入金を返しながらできるようなものとは違います。 その結果、借入金を活用して土地を買って、完本の返済を行いながら月極駐車場の経営を行なうということは、難しいですので避けるようにしたほうが良いでしょう。

土地購入は手持ちの金銭が原則です

土地から入手してスタートを切る場合には、必須条件として手持ちのお金で土地を確保することが条件といえます。 施設貸し、あるいは土地貸しで駐車場経営をする場合、駐車場運営業者へ声がけし、賃料提案を受けることになります。 いくつかの業者から賃料提案を取って、最も高い業者を掘り起こして契約の締結をすれば、駐車場経営をスタートすることができます。 これに対し、自らが駐車場経営に着手する場合は、設備機器製造メーカーへと問合せます。 設備機器製造メーカーに声がけすると、営業提案を行なってくれます。 これらは、ハウス製造メーカーが地主にアパート提案を行なうのと近いです。 設備機器製造メーカーは、設備を直販したいという考えがあるため、一生懸命な営業を行います。 大手メーカーでは、管理会社も持ち合わせています。 管理会社に関してはクライアントのクレーム対応等を行ってくれますので、管理会社に委任すると、スムーズに経営することができます。 アパートについてもハウス製造メーカーの管理会社に委任すると、手を煩わせることなく経営できます。 駐車場もとても似た構造となっています。

人気記事ランキング